肩凝りは肩の筋肉の血液循環が悪くなることで、
疲労物質などが筋肉内に蓄積する事で起こります。
そして「身体のパランスの崩れ」もあります。

現代人の場合、肩が丸まった姿勢をしがちですが、
肩が丸まると首が前に突き出てくる為、
上半身のテコのバランスが崩れて肩の筋肉に負担がかかり、
肩凝りが起こってしまいます。

肩こりを放っておくと肩の可動性が悪くなり、
肩の筋力が低下してきます。
肩の筋力が落ちると、それにともなって鎖骨が下に下がる為、
神経がちょうど鎖骨と肋骨の間に挟み込まれ、
神経の働きを阻害する場合があります。

カイロプラクティックの施術院では、身体のバランスを崩す原因となる
「背骨のゆがみ」を改善し、肩こりの予防になるエクササイズを
紹介してくれる場合もあります。

肩凝りを予防する為にも、常に姿勢をよくしておきたいですね。

「頭痛」といっても、原因は様々ですが、
そのほとんどは「筋収縮性頭痛」「血管性頭痛」の
どちらかに該当するとのこと。

「筋収縮性頭痛」の痛みの第一の原因は、
筋肉の緊張の持続、もしくは血流の低下が関与しているという
研究もあるとのこと。
また鬱状態や神経症が原因となっているとも言われるそうです。

「血管性頭痛」は頭蓋内血管が拡張する時に生じ、
拍動性(血管が脈打つようなズキンズキンした)の痛みが特徴。
発作的に生じ数時間持続。
ストレス、妊娠、出産、生理、
食べ物(チョコレート、チ−ズ、ナッツ、アルコ−ル)が
誘因となる事があります。

それぞれ病院で診てもらい、それでも良くならない場合、
カイロ プラクティック治療を受けてみるのが良いとのことです。

50Kgの人間の頭は3.7kgといわれ、新生児の体重より重いそうです。
これを7つの首の骨と筋肉で支えており、
首からは頭、肩、腕へ行く神経が出ているということなので、
負荷がかかりやすいということですね。

デスクワークなど前かがみの姿勢を長時間続けると、
首の正しい彎曲が崩れてき、また運動不足による精神的ストレスも
起こります。
目の使いすぎなど偏りのある仕事は不眠、眼精疲労、食欲不振、
筋肉痛、イライラの原因にもなります。

この他、外傷や病気が首、肩の痛みを引き起こすこともあるとのこと。
大切な部位だけに、日頃の予防、ケアが必要ですね。

調子が悪いと思ったら、カイロ プラクティック
診てもらいましょう。

冷え性やむくみ

自律神経の乱れによって末梢の血管の働きが乱れてしまうと
冷えを感じやすくなるとのこと。
また、低血圧や貧血などが裏に潜んでいる場合もあり。

局所的なむくみの場合、全身的なむくみと比べて
大きな病気である可能性は低いものの、
大きな病気が原因で起こっている場合もあるため、
しっかりとした鑑別が必要。

カイロ プラクティック治療によって回復することも考えられるので、
まずはカイロ プラクティックの検査を受け、
症状に応じた治療を行い、治療院によっては
それに伴ったエクササイズ等も教えて頂けるようです。

骨盤

椎間板ヘルニアや椎間関節症などの腰痛の方だけでなく、
生理痛がひどい人、全身のバランスが悪い人、
股関節痛、膝痛などがある人、
時には不妊症や妊娠中・産後のケアなどにも骨盤の矯正は
行なわれているとのこと。

身体の土台の部分でもあるため、
骨盤のゆがみが他の部位へ及ぼす影響は大きく、
骨盤のバランスをとることで上体のゆがみが改善されたり、
股関節の痛みや膝の痛みが改善されることもよくあり。

骨盤のゆがみの問題は、やはり特に女性に多いとのこと。
骨盤を安定させている靭帯が生理や妊娠時に出される
ホルモンの働きによって弛むため、
良い姿勢を維持していないとゆがみ易いそうです。

予防、矯正ともに、カイロ プラクティック
ご相談を。

各症状

カイロ プラクティック
腰痛、頭痛、頚肩腕症候群、むち打ち症、肩こり、膝の痛みなど
運動器疾患系にすぐれた効果を発揮。
その他、疲労回復、姿勢改善、自律神経失調など。

また自律神経を介して内臓の機能改善、ストレスの緩和などにも
有効であり、高齢者へのケアや生活習慣病、
慢性病などの効果も注目されています。

またカイロ プラクティック
風邪予防や健康増進のため、健康管理としても利用されています。
応援して頂けるようでしたら"blogランキング"のクリックをお願いします(^^)☆



カイロプラクティック理論に基づく姿勢補正枕! 『ドクターGR(ジーアール)姿勢補正枕』

図と写真で学ぶカイロプラクティック教本(四肢編)





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。