カイロ プラクティックの国際基準

最近の動きとしては、世界80カ国からなる
カイロ プラクティックの国際団体、
WFC(世界カイロ プラクティック連合)が1988年に設立され、
1997年には国連の一機関であるWHO(世界保健機関)の
NGO(非政府組織)に正式に承認されることとなりました。

WFCは団体加盟制であり、その代表団体の会員資格を有するのは
一般に D.C. といわれる国際基準のカイロプラクター
もしくはそれに準じた教育を受けた
(例えばChiropractic Standardization Program修了)者です。

WFCの日本代表団体はJAC(日本カイロプラクターズ協会)であり、
1999年に加盟しています。

日本国内でも国際基準の教育機関が次々と開校しています。
1995年には初の国際基準校として東京に
オーストラリア公立大学である
RMIT大学日本校カイロ プラクティック学科が開校し、
アジア初の学校としてCCE認定を受けています。
2006年には大阪の国際カイロ プラクティックカレッジが
開校する予定でとのこと。

この資格保持者の呼び名は
ドクター・オブ・カイロプラクティック」(略してDC)
もしくは「カイロプラクター」ともいいます。

2006年、WHOはカイロ プラクティックに関するガイドライン
「WHO guidelines on basic training and safety in chiropractic」を
発行しました。

これによりWHOが定めるカイロ プラクティックの国際基準というものが
より明確になりました。

応援して頂けるようでしたら"blogランキング"のクリックをお願いします(^^)☆



カイロプラクティック理論に基づく姿勢補正枕! 『ドクターGR(ジーアール)姿勢補正枕』

図と写真で学ぶカイロプラクティック教本(四肢編)





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。